ビート メンテナンス エンジンオーバーホール

エンジンオーバーホール 

「最近 オイルの消費が多くて持ち歩いてるんですよ・・・」 と言うオーナー様の声はここ数年で

飛躍的に多くなりエンジンの寿命も経過年数・走行距離から考えてもOHが必要な時期だと考えられます。

エンジンのオイル消費の理由。。。

1.バルブステムシール劣化による 「オイル下がり」

2.シリンダーボア・ピストンリングが削れ「クリアランス大」による 「オイル上がり」

3.ピストンリングの張力低下による 「オイル上がり」

実際に18年・10万km以上が経過している車両の殆どが「オイル下がり・上がり」の状態になっています。

皆様ご存知の通りHONDAではオーバーサイズのピストンを製造中止としたため現段階では

スタンダードなOHの方法として「シリンダーブロック交換のスタンダードピストン組み込み」となります。

 

過去の事例で・・・

走行距離の少ない車両でオイル消費がありステムシール交換のためヘシリンダーヘットのみを交換

した車両でもオイルの消費は多少変化のあったもののやはり解決しなかったケース

また シリンダーブロックの状態が良いと判断しピストンリングのみ交換した車両(ヘットはもちろんOH)

でもオイル消費が一時的に減少したもののやはりオイルの消費は時期に出てくるケース

共に再度オーバーホールと言う結末になり余計な費用が掛かってしまいました。

当社では中途半端なOHをされるのであれば予算が貯まるまでオイルを足しながら乗り続けても

弊社おすすめのエンジンオーバーホールを推奨しています。

 

 

カミムラでは2種類のエンジンオーバーホールプランをご用意しています!

オーバーホール1 安価なフリクション製合法ピストン利用 基本費用 360,364円(消費税込)

フリクション製 オーバーサイズピストン使用ボーリング OH
  作業箇所・部品名     数量 部品価格 工賃
フリクション製 0.15オーバーサイズピストンKIT 1 ¥35,000  
コンロットベアリング     6 ¥4,620  
メインベアリング     8 ¥8,320  
シリンダーヘットガスケットKIT     1 ¥13,200  
シリンダーブロックガスケットKIT   1 ¥2,430  
             
シリンダー判断センサー     1 ¥6,800  
タイミングベルトKIT     1 ¥5,850  
テンショナー     1 ¥2,940  
テンショナーボルト     1 ¥320  
アイドラー       1 ¥2,940  
アイドラーボルト     1 ¥165  
ウォーターポンプ     1 ¥8,750  
             
サーモスタット     1 ¥2,390  
サーモスタットガスケット     1 ¥165  
ファンベルト     1 ¥1,440  
A/Cベルト     1 ¥890  
エンジンオイル     2.8 ¥2,800  
オイルフィルター     1 ¥900  
LLC       2 ¥2,700  
ミッションオイル     1 ¥1,500  
             
エンジン脱着     1   ¥50,000
エンジンOH     1   ¥90,000
          0 0
バルブ研磨     16 0 ¥7,800
バルブシートカット・セット長あわせ   16 0 ¥32,000
バルブすり合わせ     16 0 ¥8,500
ヘット最小面研     1 0 ¥9,000
シリンダーブロック ボーリング     1 0 ¥23,500
ダミーヘットボーリング追加費用   1   ¥8,750
小計 104120 ¥229,550
消費税 8330 18364
合計 ¥360,364

 

但し シリンダーブロックボアが規定値以上拡張している場合は別途15,000円(消費税別)にて弊社在庫の

中古シリンダーブロックをご購入いただく形になりますのでご了承ください。

 

 

オーバーホール2 純正にこだわったシリンダーブロック交換 基本費用 446,353円(消費税込)

シリンダーブロック 交換 OH
  作業箇所・部品名     数量 部品価格 工賃
ピストンリングセット     3 ¥9,360  
ピストン       3 ¥9,360  
ピストンピン     3 ¥2,250  
コンロットベアリング     6 ¥4,620  
メインベアリング     8 ¥8,320  
シリンダーヘットガスケットKIT     1 ¥13,200  
シリンダーブロックガスケットKIT   1 ¥2,430  
             
シリンダー判断センサー     1 ¥6,800  
タイミングベルトKIT     1 ¥5,850  
テンショナー     1 ¥2,940  
テンショナーボルト     1 ¥320  
アイドラー       1 ¥2,940  
アイドラーボルト     1 ¥165  
ウォーターポンプ     1 ¥8,750  
             
サーモスタット     1 ¥2,390  
サーモスタットガスケット     1 ¥165  
ファンベルト     1 ¥1,440  
A/Cベルト     1 ¥890  
エンジンオイル     2.8 ¥2,800  
オイルフィルター     1 ¥900  
LLC       2 ¥2,700  
ミッションオイル     1 ¥1,500  
             
エンジン脱着     1   ¥50,000
エンジンOH     1   ¥90,000
          0 0
バルブ研磨     16 0 ¥7,800
バルブシートカット・セット長あわせ   16 0 ¥32,000
バルブすり合わせ     16 0 ¥8,500
ヘット最小面研     1 0 ¥9,000
新品 シリンダーブロック     1 ¥125,900 ¥0
          0 0
小計 ¥215,990 197300
消費税 17279 15784
合計 446353

 

エンジンオーバーホール時に交換をお勧めする部品(消費税別)

別途 交換お勧め部品
ウォーターテンプルセンサー     1 ¥3,000  
デストリビューター     1 ¥32,400  
オイルポンプ     1 ¥11,300  
エキゾーストバルブロッカアーム   1 ¥2,710  
インテークバルブロッカアームシャフト A   2 ¥1,060  
インテークバルブロッカアームシャフト B   2 ¥1,320  
             
レリーズベアリング     1 ¥3,330  
クラッチカバー     1 ¥13,700  
クラッチディスク     1 ¥7,100  
パイロットベアリング     1 ¥790  
ミッション オイルシール     1 ¥580  
ミッション オイルシール     1 ¥380  

 

カミムラでのこだわり

当社では多少割高になっても自社で下記作業をとり行うのではなく外注作業にて実施しています。

 

バルブ研磨とは・・・・・・・バルブは使用しているうちにシートリングとのあたり面が磨耗したり、燃焼室内の堆積物を

               かみ込んで窪んだりします。このような状況ではシリンダー内の気密性を保てずエンジン本来の

               性能を発揮できないためバルブのシート面を研磨修正して新品同等以上に仕上げます。

 

バルブすり合わせとは・・・・シートリングバルブフェース面を摺り合せることにより着座時の気密漏れを無くします。

 

バルブシートカットとは・・・・バルブシートはバルブと密着してシリンダー内の気密性を保っていますが、シートリングが

                磨耗していくとバルブとの当たり面が広がってゆきバルブとの接触面圧が低下して気密性は

                徐々に低下してゆきます。

                シートカットはシートリング表面を削ることで新品時以上に仕上げることが可能です。

                当社加工においては「バルブあたり幅」を0.8mm〜1mmの範囲で全て均一に仕上げます。

                                          あたり幅が小さいほど気密性が高まりエンジンの出力が充分に発揮されます。

                手作業では相当熟練された方でも難しいレベルの完成精度仕上げが可能となります。

                

セット長あわせとは・・・・シートカットやバルブ研磨をすることにより生じた個々のバルブの突き出し長を均一にする作業。

ヘット最小面研とは・・・・ヘットとブロックとの合わせ面に歪みが生じた場合、削ることで平面にします。

                純正よりも面相度は細かい仕上げが可能なのも手作業ではなく精密機械だからです。

 

全ての作業はチューニングメーカーで有名な「JUNオートメカニック」の大元である「田中工業」にて

精密機械加工機にて精度の非常に高い加工を行っています。

シリンダーヘットの出来栄えでエンジンの性能が大きく左右されてしまうためにシートカットや面研は

手作業で行うものよりも数段の上のレベルで仕上げ高性能で寿命の長いエンジンを作り上げます。

 

 

エンジンOH作業過程はこちら

 

 

                   

エンジン単体でエンジン台へ         スラッジ・オイル汚れの酷い状態         オイル管理の悪い車両見本

 

                   

3気筒共にカーボン付着が多い        バルブにも固着している状態         バルブ根元がバルブステムシル

 

                   

バルブのあたり面に巣穴が・・・          3気筒共にカーボン付着         燃焼室にはリング当り面に段差が

 

                   

オイルパン内部・クランク周辺・ピストン/コンロットからもオイル管理の悪さが伺えます。

 

これらを全て分解し洗浄・再利用品の測定・メタル類の選定・測定を行います。

 

                   

新品ブロックへの交換となります       再利用クランクジャーナル径の測定        同じくクランク触れの測定

 

                   

メイン・コンロットメタルの選定測定            コンロットガタの測定             新品ピストン外形も測定  

 

                   

シリンダー内径も測定し可能な限り2番のクリアランスを小さめにします           こんなに綺麗に洗浄するんです

 

                     

オイル通路はもちろん内外部を非常に綺麗に洗浄し組み付けます        シートカット後はこんなに綺麗になります